2018/06/23

サービス購入の決め手とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:くりきだいすけ

(やってしまった)

先日、自分の不注意でポケットからiPhoneを落としてしまい、鈍い音とともに画面を割ってしまいました。

今回で2回目、、、一度目に割ってしまった後にもう割らないと誓ったものの、またやってしまいその時に修理保険に入ればよかったのですが、後回しにしてしまい入ってなかったのです。

画面の端の方とはいえ、水が入りやすくデータが消えやすいという知識があったため、危険を免れたいとう欲求からすぐに修理に行くことにしました。

検索すると自分の住んでいる地域周辺には少なくても6件ほど携帯修理専門店があり、どこに行くか迷う状態。そのうち広告を出している店舗3件に絞ります。というのも広告を出しているだけあってランディングページがしっかりしたものでした。

ほとんどが「今なら〇〇円割引き」「他店より高ければ値引き」というオファーを出しており、駅近で行きやすい場所1店舗を選択しました。

しかし割引きオファーには落とし穴がありました、、、

それはその店舗では、月額制の有料サービスに申し込まないと割引きされないというもの。

さらに液晶画面には大きく分けて純正品とコピー品に分けられます。そのうち安いのはコピー品でサイトでオファーを出しているのは後者でした。

コピー品のメリットとしては何といっても価格が安い、デメリットとしては操作に不具合が生じやすいというもの。純正品は値段は高いが、不具合がなく今まで通りの使用感で修理できるというものでした。

説明を受けてから純正品に変更することに決めたのですが、サイト内で見ていた価格より2倍以上という見積もりでした。そして良くわからない有料サービスに申し込まないといけない(もちろん解約できますが、その手間が面倒と感じてしまいました)

今すぐ修理したい気持ちはありましたが、他にもっと条件の合う店舗があるのではないか?と思いその日は修理せずに帰りました。

後日、普段意識していないと見つけることができませんが、無意識の意識に修理店を探しており、たまたま見つけた修理店舗があります。

調べても広告は出しておらずウェブサイトも見つかりません。怪しいと思いましたが、逆にどんな店だろうと興味本意で入店します。

すると50代くらいの男性が1人で店番をしています。ますます怪しい、、、しかし話を聞くと10年以上修理を専門にしており、目の前で修理してくれるというものでした。

以前もそうでしたが、修理店のほとんどが預かりをして最低40分はかかるところが多いです。こちらとしては、データを抜き取られたらどうしようとか、ちゃんとやってくれるのだろうか、、、という不安は少なからずあります。

しかしこちらの店舗では、客の目の前で修理してくれるのでその安心感からお願いすることにしました。結果ものの10分もかからず終了。実際に携帯の中身を見たのは初めてでしたが、細かいネジや部品がたくさんあり、とても自分では出来ないと思いました。

サービス購入の決め手とは

今回の場合はこちらの不安に思っていることの解消、そして安心感という面で決めました。さらに画面が割れにくいように「保護シール」を提案され、信頼しているので迷わず購入しました笑

あなたの購入判断は何を基準にするでしょうか?

例えば食材では添加物が入っていないもので、健康を意識する人は価格が高くても購入します。逆に安ければ何でも良いという人もいるでしょう。

サービス内容が劣ることや多少のリスクがあったとしても低価格を選ぶか。それとも価格は高くても高品質なものを選ぶか。この2つのペルソナがいた場合、どちらにターゲットを絞るかによってメッセージは重要だと思います。

またオファー内容もしっかりと明記し、なぜこの価格なのかというのも説明されていると、理由が述べられているだけで説得感があり、どこに行こうか迷っている顧客には判断材料の一つになるかもしれません。

追伸
結局、バックエンドも入れると1店舗目と修理価格は変わりませんでしたが、安心感を買えたので満足する結果になりました。

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください