2018/04/03

43歳、衰えぬ肉体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:くりきだいすけ

メジャリーガーのイチロー選手。今もなお現役で活躍されているトップアスリートの一人。

43歳でもまだ現役を続けられるのはなぜだろうか?と誰しもが考えたことはないでしょうか。

バスケットボール界の神様と言われたマイケルジョーダンは40歳で引退。芸術のような鮮やかなフリーキックを決めるデイビットベッカムも37歳には引退しています。

イチロー選手には26歳で気づいたあるトレーニング訓練があるといいます。

それは初動負荷理論トレーニングと言われ、筋肉や血中の酸素、ヘモグロビンを増やし疲れにくい体を作ること。怪我をしづらいしなやかな筋肉を維持することで、常にパフォーマンスを上げることに徹していること。

野球界ではパワーだ、パワーがあれば全てを補える、という言い伝えがあるらしいが、イチロー選手は全否定しています。

体を大きくするだけでは、うまく筋肉を使えることができず、バランスよく発揮することが重要と述べています。

進化を続けるイチロー選手。しかし2015年に2割という打率が続き、何がいけないのか、どうして打てないのかと悩み、修正の仕方がわからないと必死に考えたそうです。

そして翌年2016年、開幕からヒットを量産。なぜそんなに早く修正できたのか?

それは「意識の変革」が起こったこと答えていました。

今まで持っていた価値観を全て捨て、逆の発想でバッドをスウィングするというものに行き着いたそうです。

大切なことは変化に対応すること。

イチロー選手の目標は50歳までやること。

店舗経営をされている方や起業されている方も、目標を持って取り組まれている方が多いと思います。

様々な情報がある中で、今必要な情報、信憑性のある情報、誰が発信しているかなど重要ですよね。

短期間で〇〇稼ぐ方法や楽して儲けるという、うまい話に翻弄されず、愚直な努力の積み重ねや、

私自身、将来どうなりたいのか、どう行動していくべきなのかという目標を確認し、

目の前の人に全力で貢献することの重要性を改めて感じ、マインドセットし直すきっかけとなりました。

最後まで見て頂きありがとうございました。

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください