2018/01/30

魅力的な特典の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:くりきだいすけ

今も昔も変わらない売り方をしているところがあります。

それはテレビショッピング。いつ見ても強いオファー、具体的に商品の紹介が終わった後に、

必ずと言っていいほど、さらに○○を無料でプレゼント!さらにこれも付けます、あれも付けます、、

これ以上のオファーは他にないだろう、と言わんばかりの感じですが、売り上げ続けています。

ここからわかることはつまり、「特典」をつけることは、とても効果があるということです。

昔からテレビショッピングはずっとやっているのに、特典は、今も昔も変わらずについています。

頭ではわかっていても、無料にはなぜか引きつけられないでしょうか?

逆にメインの商品よりも特典に興味を持ったり、特典が欲しくて買う場合もないでしょうか?

 

もしあなたが購入特典をつけようと考えているのであれば、

相手が自分のために欲しいと思う特典を提供する

→頭の中にある欲求を言語化し、今まさにこれが必要だと思ってもらえる商品にする。

自分のために欲しいけれど、自分ではめったに買わないものを配る

→人がご褒美として何かを買うときは、通常自分ではまず買わないようなものを買う場合が多い。

あなたの商品やお客さんに関連する特典を作る

→あなたのお客さんに関連する特典、またはお客さんの家族に関連する役立つ特典。

などを参考にされてみてはいかがでしょうか。

本日も最後まで見て頂き、本当にありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください