2018/01/14

時代の変化に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:くりきだいすけ

電車に乗っている時、あなたは何をしていますか?

ふと思うことがあります。それはほとんどの人がスマホを見ていること。

そのなかでも新聞を読んだり、本で読書をしたりする人、ゲームをする人など様々。

以前は気づきませんでしたが、読書をしている人のなかでも電子書籍(スマホやipad)で見ている人が目立ちます。朝日新聞社より気になる記事を見つけました。

書店が地域に1店舗もない「書店ゼロ自治体」が増えている。出版取り次ぎ大手によると、香川を除く全国46都道府県で420の自治体・行政区にのぼり、全国の自治体・行政区(1896)の2割強を占める。「文化拠点の衰退」と危惧する声も強い。

かつてレンタルショップでCDを借りてダビングしたり、好きなアーティストのCDやアルバムを購入していました。もちろん本は書店で買います。しかし以前に比べて、私自身インターネットでの注文が増えているのは事実です。

今やCDや本が店頭で売れなくなり、インターネット上でダウンロードする時代。こうした背景には、紙の本の市場の1割を握るAmazonなど、ネット書店にも押される。また経営者の高齢化や、コンビニの雑誌販売なども影響しているようです。

このことから学べることは、売り上げが下がる業界がある裏側には、必ず伸びている業界があるということ。時代の変化に対応できることが生き残れる方法だと思います。

最後まで見て頂き、本当にありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください