2017/08/19

歯科に学ぶ問題の解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:くりきだいすけ

 

先日1年ぶりくらいに歯科へ、メンテナンス(クリーニングの目的)で行きました。

前回まで行っていた場所は、遠く通いづらいということもあり、今回はインターネットで調べ、はじめて行く場所でした。

 

事前に予約しお店へ入ると、スリッパは毎回抗菌されたものであり、雰囲気も清潔感がある歯科。受け付けの方の対応も良く、スムーズに診察室まで入るところまで、は良かったです。

 

歯科助手の方の簡単な説明から入り治療スタート

多少痛みはあるものの、手際よく短時間で終了しました。というか早すぎだなぁと思うくらいです。

以前通っていた歯科では、1回でクリーニングを終わらせてくれたので、それが当たり前だと思っていたのですが、

 

今回の場所は、『まだ奥の方はキレイに取りきれてないので、次回やりますね』と説明され、、、

1回で全部行って頂けますか?の問いに

『保険の関係で、1回だと請求できないんです』

・・・・・・なぜだろう?というのが本音でした。

 

スタッフさんが忙しそうであり、聞きづらい雰囲気だったため、詳しく聞くことはなかったのですが、

 

会計の際、受け付け(別の歯科助手)の方が

『当院の治療や対応はどうでしたか?』と聞かれたので

先ほどの疑問を伝えたところ、保険のことや施術の流れを丁寧に教えてくれ、納得したので次回の予約に至りました。

 

疑問・問題の解決

 

今回の歯科の例でいくと、今後の方針に関して、良く分からない状態で終わりましたが、違う歯科助手の方のフォローがあり、結果的に次もまた行こうと思いました。

 

例えば治療院などでは、なぜこの治療を行うのだろう?どのような流れで施術を進めていくのだろう?

というように、きちんと説明があることでお客さんは安心すると思います。

 

また腰痛があったとして、“その痛みの原因は〇〇です”とはっきり言ってもらい、治るイメージが出来たらまた行こうって思いませんか?

 

基本的なことかもしれませんが、お客さんに対して“なぜそれを行うか”などの目的、どのぐらいの頻度で行けば良いのか、今後の方針を伝えることは、重要だと考えさせられる出来事でした。

 

 

 

本日も最後まで見て頂き、本当にありがとうございます。

関連記事

ビジネスの本質

From:くりきだいすけ 社長という立場を捨て、もう一度違う会社を立ち上げ社長というポジションで挑戦

記事の続きを読む

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください