2017/07/03

読み手主導のメッセージとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:くりきだいすけ

 

本日もブログを読んで頂きありがとうございます。

 

集客に関して、少しでも有益な情報となるようにお伝えさせて頂きます。

 

 

チラシやHPを作成していくうえで、メッセージというものはかなり重要になってきます。

 

メッセージには

【Me message“ミー・メッセージ”】と、

【You message“ユー・メッセージ”】の

2種類あります。つまり、私とあなたということです。

 

 

ミー・メッセージはわたし(売り手側)のことで、自分を中心にしたメッセージです。

 

例えば治療院でいうと、

『わたしの治療院では、肩こりと腰痛の症例が得意です。長年研究され、結果と実績がある○○という技術で治療します。わたしはこの技術で治療していることに、自信をもっています。今すぐご連絡下さい』

といったように、売り手の主導で、論理を全面的に出すメッセージですが、これはあまりオススメできません。

 

というのも、売り手ではなく、読み手主導のメッセージの方が相手の感情にささるからです。

 

一方、ユー・メッセージでは読み手主導であり、

例えば、『あなたは○○でこんな悩みはありませんか?その悩みとても辛いですよね。この商品(サービス)は、あなたにとってそんな悩みや問題を解決できます。』

というように、あなたにとってどのように悩みや問題を解決してくれるかが、書かれたものです。

 

つまり、お客さんは自分に関係があるものにしか見てくれません。相手が一方的に主張してくるものは、見てくれませんし、興味がないということです。

 

 

ぜひ、このミー・メッセージと

ユー・メッセージはとても重要なので、意識して参考にしてみて下さい。

 

 

本日も最後まで見て頂き、本当にありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください