2018/08/04

繁忙期以外の売上げ安定のヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:くりきだいすけ

夏のイベントの一つといえば、全国でもお祭りが多く開催されます。先日、近所では有名な彩夏祭というものを初めて見に行きました。

前夜祭、本祭、後夜祭と3日間連続で開催され、全ては見に行くことはできませんでしたが、見所である鳴子を使用した踊りがあり、数十組の団体が入賞目指し全力で踊ります。全く乱れない踊りと、統一された衣装がとても綺麗であり「どれだけの練習量と時間をかけて創り上げたのか」ということを考えると感動ものです。

よくよく調べてみると、高知の「よさこい祭り」、北海道の「よさこいソーラン祭り」に続く関東地方の鳴子踊りの一大拠点を目指しているお祭りらしく、それなりに大きな規模で開催しているようです。

鳴子で踊る様子

お祭りといえば必ずと言っていいほどあるのが屋台や露店です。花火は9000発も打ち上げるほどの規模ですので、見物客も多くあらゆるお店に行列ができていました。

私の場合は人混みや行列に並ぶのも苦手ですが、なぜか楽しい雰囲気ではその苦痛が軽減されます。売っているものといえば、お酒類、お好み焼き、焼きそば、かき氷など至って普通です。すごい美味しいか言われたら何ともいえませんが、それでも並んでしまいます。

もし仮に屋台や露店がなかったら、お祭りの雰囲気はガラッと変わりますよね。飲み物、食べ物がなかったら近くの店や自販機などで調達しなんとかするでしょう。

売り込みせずとも勝手に売れる

十数種類の露店がありましたが、何か飛び抜けてすごい店があるかというと、そういうわけではありません。失礼かと思いますが材料があれば、誰でも作れるような食べ物もあります。

しかしどの露店も行列ができ飛ぶように売れています。冷静に考えると通常の2倍近い価格ですが、ちょっと高くても売れているわけです。

利便性には勝てない

楽しい雰囲気ということもあり財布の紐が緩む、もしくはお祭りというのは露店で何か買うものだという、無意識の中にある概念があるかもしれません。とはいえ、人は便利なもの、楽をして労力をかけないで済むなら、できればそちらを選択をする人が多いですよね。

出店すれば勝手に売れるという、店舗を経営している方であれば理想の話ですが、店舗などのBtoCビジネスで考えてみると、繁忙期は売上が上がるけど、それ以外の時期はいまいち安定しないということはないでしょうか。

もしお祭りの露店のような行列が年中できれば、売上に困ることはないと思いますが、競合やインターネットの普及で差別化が難しく、現実そうはいかないことがあるのではないでしょうか。

例えば、連日の猛暑に伴いエアコン業界では売れ行きが延びています。新規に購入する人もいれば、故障などの理由から修理を依頼するなど、一気に顧客が駆け込むので設置工事、修理対応が2・3週間待ち、、、なんてこともあるようです。いわゆるこれを繁忙期とするなら、他の月では需要が下がった時に売上が安定しないかもしれません。ではどうすればいいのか、、、

サポート、会員制、月額制

修理対応のエアコンの例でいうと、壊れた時に顧客数が増えてもすぐに対応するのは難しいですよね。そこで壊れないためのメンテナンスとしてサポート、または月額制で点検、清掃などのサービスを展開すると、予期せぬ故障にならず、常に快適に過ごせることができます。

繁忙期以外に売上が安定しない、もしくは毎月安定した利益を出したいと検討されている場合、「サポートを売る」という視点も視野にいれてみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください