2018/06/10

奇跡のV字回復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:くりきだいすけ

全国に水族館はどのくらいあるかご存知でしょうか?

水族館といっても大小あると思うので、

①展示水族種類数が50種類以上である
②展示水槽の合計水量が10t以上である
③“水族館”を自称している
④動かせない水槽が1基以上ある
⑤水槽が10基以上ある

上記5項目を水族館の基準とした場合、日本全国に250前後あると推定されています。意外?にもけっこうあるなぁという印象です。

東京都内には有名な水族館が何店舗かあり、人口も多いのでお客さんが集まりやすいイメージですが、一方地方ではどうなのでしょうか。

もちろん集客がうまくいっているところもあると思いますが、苦労している水族館もあるようです。

事例:愛知県蒲郡市の水族館

人口約8万人の市で、わずか8年前は年間12万人ほどしか来ない不人気施設で、閉鎖寸前だった事実があります。

現在の館長曰く、その当時の社員の方は魚が好きなのだが、魚をうまく飼育して増やして、給料がもらえればそれで満足。お客さんに楽しんでもらうという意識がない状態だったとのこと。

そして当時の館長、重役の方達はプロダクトアウト思考、つまり自分達が育てたい魚、作りたい場所、できることを基準に運営しており、顧客第一という考えがなかったようなのです。

閉鎖寸前ですので、社員達は次々とやめていき新入社員であった現館長はスピード出世しました。そこでなんとか立ち直したい一心で、どうしたら集客できるかということを考え行動していったそうです。

その甲斐もあって、2016年度は39万8000人もの客を集め、17年度は耐震工事のために4カ月間の休館をしたにもかかわらず35万人を達成。本年度は43万人の目標を掲げています。一体何をしたのでしょうか。

特色、強みを活かす

集客するには何か起爆剤となるような企画をしなくてはいけない。そんな時できるだけ予算をかけずに特色を出す方法として注目したのが深海魚。地元の漁師さんの協力もあって、他の水族館では希少すぎてタッチングプールには出せないような深海魚が豊富だったそうです。

そこで「タカアシガニやイガグリガニを気軽に触ることができる水族館は日本でうちだけです」

と顧客が望んでいるもの、興味や注意をひくアイディアで一か八かで実施。そして、見事に20万人突破を達成しました。

自分たちが作りたいものではなく、お客さんが求めているもの

顧客の意見、ニーズをくみ取って売れるアイディアや環境を作る。つまりマーケットイン思考に転換した結果、顧客が満足できるサービスへと繋がったわけです。

水族館にかかわらず、動物園、技術職などでは、できればその仕事だけをしていたい。得意なことだけをしていたいと思われる方が多いのではないでしょうか。

なので集客に関することは得意じゃない。スキルがあれば集客できる。と思っているだけでは、せっかく良い商品、サービスを取り扱っていても、それに気づいてもらえなければ意味がありません。

もしあなたが、自分はこの仕事だけに集中して「集客に関しては他に任せたい」と検討されているのであればお気軽にご相談して頂ければと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください