2018/05/02

期間限定商品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:くりきだいすけ

ふとアイス食べたいなぁと思うときってないでしょうか?

私自身、すごい好きってわけでもないのですが、
理由はわかりませんが無性に食べたい時があります。

日本を含め全国に店舗を展開しているアイスクリーム屋

サーティーワンをご存知でしょうか?

アイスクリームに興味がなくても一度は目にしたことがあると思います。

サーティーワンの魅力は、なんといっても商品点数の多さ。

店舗には32種類のアイスが並んでおり、これは1ヶ月毎日食べても
飽きないようにとのことで種類が豊富なんだそうです。

いやっ1ヶ月は多い月でも31日、、、と思われたあなた

その通りなんですが、お店のレイアウト上32種類が見栄えが良いんだとか笑

顧客層を見てみると、10代〜20代の女性に人気があるようです。

全国に1100店舗ほどあり、年商は444億円。

たかがアイスといえど、なぜそこまで売れるのか?

顧客のインタビューを見てみると、なんといっても
「種類がいっぱいで飽きない」

味もさながらにこれに尽きる感じがします。

サーティーワンでは顧客に飽きられないように、季節限定や

期間限定といった新商品を今まで1300品ほど作ってきたそうです。

(もちろん全く売れず販売中止になったものもあったそうですが、、、)

アイスといえばなんといっても夏に食べるというイメージがなでしょうか?

事実、年間売上の半分以上は夏場なんだそうです。

そこで疑問なのが冬はどうするのか?寒い時にも食べたくなるのだろうか?

と気になったので顧客のリサーチをしてみると、

冬でも暖かい部屋で食べるのが美味しい!
冬に暖かい部屋で食べるのが贅沢!

といった感じで一部の顧客には売れるようですね。

このような顧客の声もあるに加えて、

サーティーワンの戦略として、冬場にしか食べれないアイス

つまり先ほどもお伝えしたように、期間限定というアイディアで

顧客に飽きさせない工夫をしているんですよね。

在り来たりな戦略かと思われがちですが、特に日本人は

限定とか今しか手に入らないものに弱いと思います(私も含め)

今を逃したらもう食べられないかもしれない、、、

なので今食べるべきだなどと、

感情で購入し理屈で正当化してしまうような状況になると

人はついつい買ってしまう場合があります。

長々とアイスの話をしましたが、これは他のビジネスでも応用できると思います。

もしあなたの商品やサービスに、期間限定というアイディアを取り入れることが
できるのであれば、参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

関連記事

えっ1本600円!

From:くりきだいすけ 国内製造、国産と聞くとどのようなイメージをもっているでしょうか? 私は自身

記事の続きを読む

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください