2017/10/09

こんな間違いをしていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:くりきだいすけ

集客に関して少しでも有益な情報となるようにお伝えさせて頂きます。

あなたは商品やサービスを展開していくなかで、売れないから2つ、3つとたくさんのコンテンツを増やしてないでしょうか。

そのことで1つの商品を売ることにかける時間は少なくなります。大量の商品すべてに新しいセールスコピーを書いて、テストを繰り返しやり続けることは難しくなり現実的ではないですよね。そしてすべての商品を改善することも難しくなります。

なので、たくさんのそこそこの商品を売るよりも、素晴らしい品質の少数の商品を売る方が、素晴らしい結果を出せる、ということです。

この商品を大量に削ることを実行して、うまくいった事例が、今のAppleです。

成功事例:Apple

スティーブ・ジョブスが、一度Appleを離れ、暫定CEOに復帰した時、ジョブスがやったことのひとつ。それが、大量にあった商品群を合計4種類の商品ラインだけに絞り込んだことです。当時のAppleはプリンターやサーバーなど、様々の分野の商品をたくさん販売していました。ですが、ジョブスは、それらの商品の製造を中止し、その4つの商品ライン以外の事業からは撤退することにしたのです。

商品をその4つに絞った結果、1年でV時回復。そして、この絞り込みが、後にiphoneやipadなどの革新的な商品を生み出し、Appleを世界トップレベルの企業に押し上げる原動力のひとつとなりました。

お客さんは、たくさんの商品やサービスがあることで迷ってしまい、購入をためらう場合があります。

それよりも、1つの分野でプロフェッショナルであり、専門性を持つことで他社より目立つ存在になる可能性が高くなります。

何かの参考になれば幸いです。

本日も最後まで見て頂き本当にありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください