2017/10/01

非常識な行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:くりきだいすけ

集客に関して、少しでも有益な情報となるようにお伝えさせて頂きます。

飲食業界では、いかに回転率をあげるかを考えるのが一般的です。

(売り上げ=顧客単価×リピート×顧客数)

例えば単価が安い場合は、どのようにして回転率を上げるか。逆に単価が高い場合はいかにリピートしてもらい、利益を出していくかみたいな感じです。

しかしスターバックスは全く逆のことを行いました。

Wi-Fiを提供したり、長く居座れるような空間、居心地のいい環境を作り、回転率が悪くなるようなことを実施しています。

余談ですが、スターバックスはコーヒーを売っているのではなく、サードプレイス(家、職場。その次の第三の場所)を提供するという目的があるそうです。

回転率よりも優先した結果、他業界の人からすると何をしているんだ、というような反応だと思います。

では結果はというと、、、皆さんもご存知のようにスターバックスはあちこちで店舗を増やし、今では各都道府県に1店舗は必ずあるという状況です。

もしあなたの業界で競争が激しかったり、他社との違いがわかりにくい場合は、思いきって全く逆のことをしてみることで、違う成果が出るかもしれません。

何かの参考になれば幸いです。

最後まで見て頂き本当にありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください