2017/07/15

人は特徴が欲しいわけではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:くりきだいすけ

 

 

ブログを読んで頂きありがとうございます。

集客に関して、少しでも有益な情報となるようにお伝えさせて頂きます。

 

以前お伝えさせて頂いた、得られるメリットについてもう少し深く書いていこうと思います。

 

治療院をサンプルに例としてあげると、

 

特徴1:駅から徒歩3分

→駅近なのでお仕事帰りでも行きやすく、また雨の日でも地下鉄から直結なので濡れる心配がありません

 

特徴2:完全予約制

→事前に予約して頂くことで、待ち時間もなく、お客さんの貴重な時間をムダにすることがない

 

特徴3:根本的な治療

→腰痛や肩こりになる原因はなにか?しっかりとした問診を行い、お客さんの本当の原因や問題を一緒に考えます。身体的な評価、今後の方針を提案させて頂き、病気になりにくお身体づくりが出来ます。

 

 

このようにお客さんは特徴でなく、その商品やサービスのベネッフィトを購入するわけなので、売り手側が特徴をベネフィットに変換してあげる必要があります。これは知っているようで、なかなか出来ていないお店が多いように思います。

 

ではどのように考えて、特徴を変換するのか?

 

  1. まずは特徴をひたすら書き出します
  2. 次になぜその特徴があるのか理由を考えます
  3. そのベネフィットが何か?を文章になるように繋げていく

 

 

特徴が存在する理由がわかると、自ずとベネフィットが見えてくると思います。

お客さんはベネフィットをはっきり言ってもらわないとわからないので、ベネフィットをお客さん任せにしないことが重要です。

 

 

最後まで見て頂き、本当にありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください