2017/07/02

シンプルな型をご存知でしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:くりきだいすけ

 

本日もブログを読んで頂きありがとうございます。

集客に関して、少しでも有益な情報となるようにお伝えさせて頂きます。

 

 

これからお伝えするのは、チラシだけではなく、ホームページにも使える、ある“型”をご紹介します。

 

いろいろな人が、いろいろな法則、型を作って結果を出しているので、どれが良くて、どれが良くないというのものはないのですが、私が知っているなかで、一番わかりやすい“型”です。

 

 

それは、、、『AIDAの法則』です。

 

それぞれアルファベットの頭文字をとって“アイーダ”と読むのですが、

 

まず最初の頭文字の“A”は『Attention(アテンション)』つまり注意を引くということです。

とにかく注意を引かなければ、どんなに良い商品やサービスでも、見てもらえませんし、気づいてもらえません。

チラシなどの印刷物の広告でいえば、最初のヘッドライン(最初の大きな見出し)が重要になります。テレビやラジオでは最初の数秒間が大事になってきます。

 

 

次の頭文字の“I”は『Interest(インタレスト)』で興味を持たせるという意味です。注意を引いたあとに、どんな内容なんだろう?まさか自分が信じていたことが間違えていた?というような興味を持たせることを伝えます。

 

 

次の頭文字の“D”は『Desire(デザイアー)』で欲求を掻き立てるという意味です。これはその商品やサービスが、欲しいと思ってもらえるような内容を伝えます。

 

 

最後の“A”は『Action(アクション)』です。行動してもらえるようにするという意味です。例えば“今すぐお電話をください”とか“このボタンをクリックして下さい”など、実際に行動してもらえるように、促す作業となります。

 

 

まとめると、これら順番が大事であり、

 

  1. 注意を引く
  2. 興味を持たせる
  3. 欲求を掻き立てる
  4. 行動してもらう

 

 

が『AIDAの法則』であり、一番シンプルでわかりやすい“型”だと私は思いますので、ご参考までに。

 

 

 

本日も最後まで見て頂き、本当にありがとうございます。

 

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください