2018/01/15

セールスライティングってなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:くりきだいすけ

セールスライティングってなに?

あまり聞きなれないと思いますが、皆さんがイメージしている、いわゆるコピーライターとは少し違います。

コピーライターとは、

例えば、青汁のCMで強烈な印象を残した、『まずい、もう一杯!』などのキャッチコピーを考えたり、

雑誌や新聞の記事を書いていくという感じでしょうか。

一方セールスライターとは、

お客さまからの反応(メルマガ登録、購入など)を得るために、文章を使って商品やサービスを売るお手伝いをさせて頂くこと。つまり良いものを、より魅力的に伝えるお仕事です。具体的には、

  • ダイレクトメール
  • ランディングページ
  • チラシ
  • ホームーページ

などの媒体を使用していきます。

 

これを読んでいるあなたは「マーケティング」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

メディア:
どの媒体を使うか、例えばホームページ、Facebook、ラジオ、テレビ、チラシ、ポータルサイトなど。

メッセージ:
どのような内容で伝えるか、わかりやすくシンプルに価値を届けられるか

マーケット:
市場、お客さんがどこにいるのか、年齢層、性別、分野など

マーケティングとは、メディア、メッセージ、マーケットの3Mと言われる3つがそろい、初めて成り立ちます。誰にどの内容をどうやって伝えるか。別な言い方をすると商品やサービスが売れやすくなる仕組みを作ること。

その中でもメッセージでは、セールスライティングの要素が強いです。なぜならどんなに見てもらえる媒体を使っても、どんなにニッチな市場を見つけたとしても、、、

メッセージつまり、相手にわかりやすく伝える、魅力的に感じてもらえるスキルがなければ、どんなに価値がある商品やサービスがあったとしても伝わらないからです。

セールスライティングはマーケティングの一部だと考えてもらえるとわかりやすいと思います。

価値ある商品やサービスを伝える一つの手段、人間の根源的な感情というのは普遍的であり、その感情に影響を与えるスキルであると考えます。

そしてマーケティグでは、顧客との関係性をつくることが重要だとダイレクトレスポンスマーケティグの権威であるダンケネディは言います。

関係性、つまり「顧客との絆を作ること」。

例えば、商品やサービスを利用してくれた顧客に対して、サンキューレターや直接言葉にして感謝を伝え絆を作る。

ニュースレターで普段の様子、お役立ちコンテンツ、その人に役立つ事例を伝え絆を作る。

会員にはステータスアップに招待し優遇して絆を作るなど。

売上を上げるためには、顧客との絆を作る。結果として売上が上がるという考えで活動しています。

そのために、セールスライティングというスキルが必須となります。

 

世の中には、素晴らしい物やサービスがたくさんあります。しかしそれを魅力的に伝える説明や、文章を活用しているのは少ないように思います。

例えば、すごく美味しいレストランがあるのに、数年後、いつの間にか潰れてしまい、他のお店に変わっている、、、なんてことありませんか?

これはマーケティングをしっかり行えていないのか、原因はわかりませんが、

一つの要因としてコピー、つまりホームページやチラシで集客をする際に、文章での表現が上手くできていない可能性があります。

 

素晴らしい商品やサービスを、世の中に広めるお手伝いをしたい。そんな思いで活動をしています。

もちろん、商品やサービスの質を文章が勝ることはありません。それは誇大広告となってしまいます。

また法律に触れるものや、一般的に良くないと思われる商品やサービスについては、お断りしています。

 

もしあなたが、少しでもセールスライティングの価値に気付いてもらい、集客代行サービスを利用したいと思われるのであれば、お気軽にご連絡ください。

顧客との絆づくりのお手伝いをさせて頂きたいと思います。

 

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございます。

 

 

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください